記事一覧

お酒の科学 ~なぜお酒に弱い人と強い人がいるのか??~

お酒の科学~なぜお酒に強い人と弱い人がいるのか??~

大人になると、会社の宴会や友達同士の飲み会など、さまざまな場面でお酒に触れることがあると思います。しかし、このお酒は人によって生まれつき強い・弱いが決まっているのです。少し飲んだだけで真っ赤になり、気分が悪くなる人もいれば、たくさん飲んでもへっちゃらで顔色が全然変わらない人もいます。では、このお酒の強さを決める要因は一体何なのでしょうか??

お酒とは、アルコールの一種であるエタノールを含む飲料のことをいいます(日本の法律によるとエタノール分1%以上のものを指します)。お酒を飲むと酔っ払うといわれますが、酔いとは、エタノールにより脳が麻痺した状態のことを指します。お酒をたくさん飲めばその分エタノールを多量に摂取することになるため、脳の麻痺の度合いは強くなります。体内に存在するエタノールの量で、酔いの強さが決まるのです。

しかし、人間はいつまでも酔っているわけにはいきません。エタノールは体内で分解され、酔いの状態は解消されるわけですが、その分解は主に肝臓という臓器により行われます。肝臓では、エタノールはまずアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸へと分解されます。そして酢酸は全身の細胞で水と二酸化炭素に分解されるわけですが、エタノールを分解する際にはさまざまな酵素と呼ばれるものがはたらきます。

肝臓でエタノールが分解される際にはまず、アセトアルデヒドに分解される過程で、アルコール脱水素酵素(ADH)と呼ばれる酵素がはたらきます。さらに、アセトアルデヒドから酢酸に分解される過程で、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)と呼ばれる酵素がはたらきます。主にこれらの酵素が、肝臓でのエタノール分解を進めています。

ファイル 3-1.jpg

このような仕組みでエタノールが分解されるのですが、ここではたらく酵素がお酒の強さに大きく関わってきます。アセトアルデヒドを分解するALDHはALDH1とALDH2という2種類が存在し、ALDH1はアセトアルデヒドが高濃度のときにはたらき、ALDH2はアセトアルデヒドが低濃度のときにはたらきます。しかし、ここで大きな問題が発生します。酔いはじめではアセトアルデヒドの濃度が低いためALDH2がはたらきますが、このALDH2は遺伝的によくはたらく人とそうでない人がいるのです。特に日本人ではALDH2がよくはたらかない人や全くはたらかない人が半数近くおり、そのような人が酒に弱い人といわれます。

ファイル 3-2.jpg

アセトアルデヒドは有害物質であり、体内に長く存在することは体にとってよくありません。そのため、ALDH2がよくはたらかない人は、アセトアルデヒドを分解する速度が遅いため、お酒を飲むと気分が悪くなりやすいのです。ALDH2がよくはたらくかそうでないかということだけが、お酒に強いかどうかを決めているわけではありませんが、その大きな要因の一つとなっています。

以上のように、遺伝的にお酒の飲める量や早さは全然違います。そのため、飲み会の席ではイッキ飲みを強要したり、無理に酒を勧めたりしないようにしましょう。自分も他の人もお酒で苦しまないように、お酒とうまく付き合っていくことが大切です。

<参考文献>
梅田 悦生著『飲酒の生理学』(裳華房)
田多井吉之介著『酒と飲み物の健康学』(大修館書店)

----------------------------
人気blogランキングへ←ここをクリックしていただけるとうれしいです!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ