記事一覧

同じ色には見えない2匹の犬

こんにちは!NSIの岩山です。

まず、下の動画を見てみてください。
青い犬と黄色い犬、2匹が映っています。

いかがでしたか?

実は、青と黄色に見えていた2匹の犬は、まったく同じ色をしているんです。
もちろん、トリックや映像の細工ではありません。

なぜこんなことになるのでしょうか?

人間の目は、色を認識するときにただそのものの色だけを見ているわけではありません。
それを囲む周囲の色とのコントラストも、色の認識に大きく影響しています。

同様の現象を利用したものとして、「チェッカーシャドウ錯視」があります。

Grey square optical illusion

(wikimedia commonsより転載)

AとBの2つの領域の色はまったく同じなのですが、周囲の領域や影っぽいものの影響によって違う色に見えています。

動画に登場した犬たちは、青と黄色のグラデーションの背景の上に乗っています。
そして犬たちは、よく見てみるとグラデーションの真ん中あたりと同じ色をしています。
動画の2秒あたりに、一瞬だけ右の犬と背景が同化する瞬間があることからもわかると思います。

その瞬間の位置を境に、それより犬が上にいるときは背景がより黄色くなるため犬は相対的に青く見え、下にいるときはその逆で犬が黄色く見えてしまうのです。

試しに、手を握って小さな隙間を作り、そこから犬の色を覗いてみてください。
犬が移動しても、色は変わらないはずです。

さて、この仕掛けは、もともとNSIが実験教室を実施したときに展示したものです。
先日サイエンスアゴラに出展した際、実験教室での展示の例として置いておいたところ、来場した方にとても好評を博したものでした。
動画を撮ってtwitterでつぶやいてくださった方もいたので、ひょっとしたらすでに見たことがあったという方もいるかもしれません。

そして、「自分でも作ってみたい」「子どもたちに見せたい」といった声をいただいたので、みなさんに使っていただけるよう、データを公開しています。

下記のリンク先にPDFで置いてあるので、興味を持った方はぜひダウンロードしてみてください。

NSI作成コンテンツ

ちなみに、クリエイティブ・コモンズの「表示・非営利」ライセンスで提供しているので、
・原作者名(NSI)を表示すること
・営利目的では使わないこと
を守っていただけさえすれば、自由に使っていただいて構いません。

ぜひ、この驚きを実際に体験してください(^^)

トラックバック一覧

コメント一覧